iPhoneで動画を送れない時の6つの方法!大きい、長い動画も簡単に【iOS12】

iPhone

※この記事は約 8 分で読めます。

iPhoneは年々便利になってきていて、既存の世の中にある様々なアイテムが必要なくなりました。例えば、カメラ。デジカメを持たずにiPhoneのカメラだけですます、という方は多いのではないでしょうか。電話、ネット、メール、カレンダー、マップ、ライト、アラーム、電卓などなど、様々な事がiPhone一台で出来る世の中となりました。

数年前までは専用の機会が必要であったビデオカメラも、iPhoneの代表的な機能のひとつでしょう。iPhone一台で、綺麗な画質で動画を撮れる時代になっています。しかし、動画は容量も大きく、撮った動画をお友達に送る場合などは意外と苦労するものです。

本日は、iPhoneの動画を送る方法を6つご紹介します。

関連>動画をiPhoneに保存してオフラインで見る方法

関連>動画の容量の調べ方

 

今週の人気記事!🏆

iPhoneの動画をメールで送る方法

まずは基本的な送り方から。メールで送る場合の方法です。メールで送る事ができる動画の容量は、キャリアにもよりますが最大でも10MBほどです。またGmailであれば最大で25MBまで送る事が出来ます。

 

s__121151490

1、送りたい動画を開き、左下の上矢印マークを選択します。

 

 

s__121151491

2、メールで送信を選択します。

 

 

s__121151492

3、メールに動画が添付されました。宛先にメールアドレスを入力すれば送信ができます。

 

 

アイフォンの動画を手軽にLINEで送る方法

続いてご存知LINEでの送り方です。今やメールにとってかわって人々の連絡手段のメインとなっています。LINEで送信可能な動画の最大サイズは、300MBまでです。LINEでの動画の送り方は2パターンあります。

 

動画から送る場合

s__121151493

1、先ほどと同じ要領で、送りたい動画の共有でLINEを選びます。LINEがここにでてこない場合は、一番右のその他からオンにします。

 

 

s__121151494

2、LINEが開きますので、送信先を選べば送ることが出来ます。

 

LINEから送る場合

s__121159682

1、LINEを起動してから送る方法です。送りたい相手のトークルームへ行き、左下の+マークを選択します。

 

s__121159683

2、「動画を選択」を選択します。

 

 

s__121159684

3、送りたい動画を選択します。

 

 

s__121159685

4、右下の選択で、送ることが出来ます。

 

<驚愕の30%OFFセール!期間限定!>

 

BluetoothとWi-Fiを活用したAirDropで綺麗なまま動画を送る

続いて、AirDropを使う方法です。AirDropは送ることが出来る容量のサイズ制限はありませんが、あまりにも大きすぎるとかなりの時間がかかってしまいます。

 

<あなたのiPhone>

<あなたのiPhone>

1、動画を撮ったiPhone、送りたいiPhone2台のAirDropをオンにします。続いて、送りたい動画を開き、左下の上矢印を選択、AirDropで相手のiPhoneが表示されますので選択します。

 

 

<相手のiPhone>

<相手のiPhone>

2、すると相手のiPhoneが反応し、動画を送る事が出来ます。もしAirDropで相手の名前が出てこない、送れない等の場合は下記記事を参考にしてみて下さい。

iPhoneのAirDrop(エアドロップ)ができない時の12の対処方法【iOS12最新版】
お友達と写真をやり取り場合はどうしますか?最近だとLINEで行っている方も多いでしょう。いつも使っているLINEなので気軽でいいですよね。 しかし、LINEだと画質が落ちてしまったり、容量が大きかったらうまく行えなかったりとい...

 

 

iPhoneの動画をアプリで高画質で送るには

ファイル保存、共有アプリ「Dropbox」を使います。ネット上に保存できる場所を設け、そこに保存し共有するという方法です。これをオンラインストレージサービスといいます。予めDropboxをダウンロードして登録しておきましょう。

Dropbox

ダウンロードはこちら

s__121167874

 

1、Dropboxを起動し、画面下部の+ボタンを選択します。

 

 

s__121167875

2、「写真をアップロード」を選択します。

 

 

s__121167876

3、はじめは画像が表示されますので、上部のカメラロールを選択します。

 

 

s__121167877

4、アルバム選択で、ビデオを選びます。

 

 

s__121167878

5、送りたい動画を選択後右上のアップロードを選択します。

 

 

s__121167879

6、動画のアップロードが始まりました。しばらく待ちましょう。

 

 

 

7、アップが完了したら、その動画の右横の下三角を選択します。「共有」→リンクを作成、であげた動画のURLがコピーできますので、あとは共有したい相手にこのアドレスを教えるだけです。

 

 

長いサイズの動画は分割して送る

動画が長くて送れない場合は、分割しちゃいましょう。アプリを入れることなく標準機能のみで分割可能です。

 

s__121167880

1、動画を開き、下部のメニューの右から2番目を選択します。

 

 

s__121167881

2、まず左のバーを動かし開始地点を決めます。続いて右部分を選択します。

 

 

s__121167882

3、切り取る範囲を決めることが出来ます。実際に動画を流して確かめるには、再生ボタンを。位置が問題なければ、右下の完了を選択します。

 

 

s__121167883

4、新規クリップとして保存します。同じような流れで、例えば前半、後半という形で分割していきましょう。分割すれば、ひとつの動画あたりの容量は落ちますので、あとはお好きな方法で送信します。

 

 

動画の容量が大きい時は圧縮して送る

※2018年11月13日追記※
アプリの公開が終了してしまったようです。類似のアプリはこちらです。

 

アプリを使って動画そのものを圧縮して送る方法です。以下の無料アプリをダウンロードします。

400x40000bb

ダウンロードはこちら

 

s__121167884

1、アプリを起動し、圧縮したい動画を選択します。その後、「緑の圧縮する」ボタンを選択します。

 

 

s__121167885

2、動画が圧縮されました。動画に記載の数字が容量です。142.5MBから37.1MBまで圧縮されていますね。

 

 

s__121167886

3、圧縮した動画は、カメラロールに保存することが出来ます。あとはこれまで紹介したいづれかの方法で、送ることが出来ます。

 

iPhone人気記事ランキング

 

今週の人気記事!🏆

 

今、読まれてます!

<無料でお好きな映画やドラマが見放題!>

コメント