iPhoneのAirDrop(エアドロップ)ができない時の12の対処方法【iOS12最新版】

※この記事は約 7 分で読めます。

お友達と写真をやり取り場合はどうしますか?最近だとLINEで行っている方も多いでしょう。いつも使っているLINEなので気軽でいいですよね。

しかし、LINEだと画質が落ちてしまったり、容量が大きかったらうまく行えなかったりという場合もあります。実はもっと簡単にiPhone同士でデータのやり取りをする方法があるんです。

それが、2012年に発売されたiPhone5(iOS7)から搭載された「AirDrop」です。意外と使っていない方は多いのではないでしょうか?

 

本日は、このAirDropを使って画像の共有をする方法やAirDropが出来ない時の解決方法を12個ご紹介します。

<今、読まれてます!>

 

AirDropの使い方や設定方法。写真や動画を簡単に移動

今回は、2台のiPhone間でAirDropを使って画像を送ってみます。

 

s__121028642

1、まず、コントロールセンターからWi-FiとBluetooth、AirDropをオンにします。2台とも行います。

 

 

s__121028643

2、AirDropは「すべて」を選択します。

 

 

syashin

3、続いて「写真」を開きます。

 

 

s__121028646

<あなたのiPhone>

4、左下の上矢印マークを選択します。

 

 

s__121028647

<あなたのiPhone>

5、AirDropの記載があります。しばらく待ちましょう。

 

 

s__121028648

<あなたのiPhone>

6、お友達のiPhoneが検出されました。選択します。

 

 

<お友達のiPhone>

<お友達のiPhone>

7、お友達のiPhoneを見てみます。写真を共有中との表示が!

 

 

<お友達のiPhone>

<お友達のiPhone>

8、写真の共有ができました!キャンセルしなければ、そのまま自動で写真は保存されます。

どうですか?簡単ですよね!画像だけでなく、動画やメモアプリのメモ、マップ情報、連絡先、Safariのページ、アプリのページなどを送る事が出来ます。

 

 

AirDropができない、使えない、表示されない時の12の解決方法

それでは、この便利なAirDropが使えない場合の対処方法を解説していきます。

 

AirDrop対応機種を確認する

まずあなたのiPhoneとお友達のiPhoneが対応機種かどうかを確認しましょう。OSはiOS7

以降です。

AirDrop対応のiPhone一覧

  • iPhone5
  • iPhone5s / 5c
  • iPhone6 / 6Plus
  • iPhone6s / 6sPlus
  • iPhone SE
  • iPhone7 / 7Plus

対応機種でなければ、AirDropは使えませんのでご注意下さい。

 

iPhone同士を近づける

779v9a3421_tp_v

iPhone同士が離れすぎているとAirDropは通じない場合があります。iPhoneとiPhoneは9メートル以内に近づけましょう。

 

 

AirDropオンの時に、すべての人を選択する

s__121028643

「受信しない」は文字通り受信しないので、オフの状態です。「連絡先のみ」は連絡先に入ってる人とだけ共有ということになります。「すべての人」を選択しましょう。

 

 

Wi-Fi、Bluetooth、AirDropをオン/オフしてみる

AirDropはWi-FiかBluetoothを使うので、それぞれオンオフを行ってみます。コントロールセンターから簡単に行えるようになっています。

関連>iPhoneのコントロールセンターの使い方

 

 

機内モードをオフにする

s__121028652

前述の通り各種通信を使って行うので、機内モードがオン、つまり通信ができない状態になっているとAirDropは使えません。機内モードはオフにしましょう。こちらもコントロールセンターから行えます。

 

 

おやすみモードをオフにする

oyasumimode

おやすみモードはオンになっていてもAirDropは使えるのですが、もし使えない場合は通信関係で影響を与えている可能性もあるので、一度オフにしてみましょう。こちらもコントロールセンターからどうぞ。

 

 

インターネット共有をオフにする

前述のおやすみモードと同様です。インターネット共有がオンになっていたら、オフにしましょう。

関連>インターネット共有の使い方

 

 

同じWi-Fiネットワークにつながっているかどうか確認する

2台のiPhoneが同じWi-Fiにつながっている必要がありますので、確認しましょう。

確認は、設定→Wi-Fi から行えます。

 

 

iPhoneの名前を確認

iPhoneの名前に特殊文字を使っていると、AirDropがうまく動かない場合があるようです。もし使っていたら名前を変更しましょう。「#」、「%」、「¥」、「$」などは避けましょう。

関連>iPhoneの名前を確認、変更する方法

 

 

iPhone自体の再起動をする

どうやってもAirDropがうまく使えない場合は、一度iPhoneを再起動してみましょう。

 

saiki

やり方は、

iPhone右上側面のスリープボタン長押し→「スライドで電源オフ」→再度スリープボタン長押しでオン

です。

関連>iPhoneの再起動とリセットのやり方

 

 

ネットワーク設定をリセットする

nettowa-kusettei

ネットワーク設定を一度リセットすると直ることがあります。やり方は、

設定→一般→(一番下の)リセット→ネットワーク設定をリセット

です。

但し、このリセットを行うと今まで自動接続していたWi-Fiのパスワードなども消えてしまうので注意が必要です。

 

 

iCloudのサインアウト、インをする

s__121028651

iCloudを一度サインアウトしてから、再度サインインすると解決する場合もあります。やり方は、

設定→iCloud→(一番下の)サインアウト→その後再びサインインします

 

<iPhone人気記事ランキングTOP5>

  1. iPhoneにYouTubeなどの動画を保存する方法
  2. twitterの動画をiPhoneに保存する方法
  3. 速度制限はいつまで?解除方法と節約のための7つの対策
  4. iPhoneの電池節約のために対策すべき19の事
  5. iPhoneのマリオがダウンロード出来ない時の対処方法
  6. 【重い遅い】iPhoneのイライラを解消する方法

<今、読まれてます!>

kawamurakaisatu_tp_v 

 

コメント