AirPodsが接続できない時の7つの解決方法!接続切り替え方法や接続台数は?

AirPods

※この記事は約 7 分で読めます。

話題のワイヤレスイヤホン「AirPods」。まだまだ品薄状態が続いていますが、購入された方がまず驚くのが、その接続の簡単さと早さ!

AirPods購入後、専用ケースの蓋を開ければすぐに接続が完了し、すぐに音楽を聞くことができます。

特別な設定をしなくても繋がるのですが、逆にもし不具合が起きた時は、仕組みがシンプルすぎて試す解決方法が見いだせないのも事実です…。

本日は、AirPodsが接続できない時の7つの解決方法をご紹介します。

【AirPodsおすすめ記事一覧】

  1. AirPods×Apple Watch連携が神すぎる!
  2. AirPodsを紛失した、無くしそうなときの3つの対策
  3. AirPodsの接続ができないときの7つの解決方法
  4. AirPodsの名前の変更方法
  5. AirPodsを予約無しでゲットする方法

 

<今、読まれてます!>

 

AirPodsとiPhoneの接続方法、接続切替の仕方

iPhoneとAirPodsの接続方法は、説明することもないほど簡単です。

ですが、念のため流れをご紹介しておきましょう。

 

AirPodsを接続し、音楽を再生する方法

1、予め、iPhoneのBluetoothをオンにしておきます。そしてiPhoneのロックを解除してホーム画面にした状態で、AirPodsの蓋を開けます。

 

 

2、iPhoneが反応しAirPodsの設定画面が出てきます。「接続」を選択します。

 

 

3、接続中なのでしばらく待ちます。

 

 

4、○○(あなたの名前)のAirPodsと表示されれば、接続成功です。一瞬ですね…、すごい!

 

 

5、AirPodsを取り出して、耳につけます。

iPhoneのコントロールセンターから、ミュージックを開いてすぐに再生できます。

 

AirPodsの接続切替方法

1、下部を選択することでスピーカーの切り替えができます。

 

 

2、iPhoneを選択すれば、iPhoneのスピーカーから再生させることが出来ます。

 

 

AirPodsが接続できない、接続が不安定な時に試すべき7つの方法

それでは、接続がうまくいかない場合はどうしたらいいのでしょうか?

試すべき方法を7つご紹介致します。

 

AirPodsが充電されているか確認する

購入時は、ケースも本体もすでに7~80%ほど充電されているはずです。何らかの理由で、充電が溜まっていなかった場合は、充電しましょう。

 

いつもiPhoneを充電しているLightningケーブルで充電できます。AirPodsをケースに入れた状態でケース下部に挿します。

ランプが緑色に光れば、充電完了状態です。まだ充電が溜まっていない場合は赤色に光ります。

 

iPhoneのBluetoothをオンにする

AirPodsはBluetoothでiPhoneと接続しています。当然、iPhoneのBluetoothがオンになっていないとつながりません。

 

iPhoneのホーム画面右上に画像のようなBluetoothマークがついていれば、オンの状態です。

 

 

もしオンになっていなければ、iPhoneの画面を下から上に払い、コントロールセンターを出します。Bluetoothを選択でオンにします。

 

 

iPhoneを最新OSにアップデートする

AirPodsは、iPhoneのOSがiOS10.2以降になっていなければ使えません。

もし古ければ、アップデートしましょう。

 

iPhoneUpdate2

設定方法は、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」です。

詳しくは、下記よりどうぞ。

iPhoneをパソコンなしでアップデートするやり方、方法【誰でも簡単に、無料で】
こんにちわ!エノッピです。 スマホが年々普及してきて、初めてのインターネットがiPhoneやアンドロイドって方は結構多いんじゃないでしょうか? アラサーのエノッピにとっては考えられないことです…。 ...

 

 

AirPodsとiPhoneを近づける

【AirPodsの説明書より】

iPhoneとAirPodsが遠すぎると、接続されません。

公式には5センチ以内とされていますので、近づけてから蓋を開けてみましょう。

 

 

AirPodsのケース裏面のボタンを長押しする

AirPods唯一のボタンが、ケース裏面にあります。

これはリセットボタンです。接続がうまくいかない場合は長押ししてみましょう。

手順は以下です。

  1. 蓋を閉じ、15秒してから蓋を開けるとAirPodsのランプが白く点滅する。
  2. 点滅しない時は、ケース裏面のボタンが白く点滅するまで長押しする
  3. 設定が出来なければボタンを15秒以上長押し、ランプがオレンジに数回点滅、さらに白く点滅するまで長押しする。

 

 

iPhoneを再起動する

iPhoneで困ったときは再起動です。原因が不明でも、とりあえず再起動しておけば直る場合が多々あります。

  1. iPhone右上側面のスリープボタンを長押し
  2. 「スライドで電源オフ」をスライドさせる
  3. 電源が切れたら、再びスリープボタン長押しして電源を入れる

詳しくは下記からどうぞ。

iPhone7、8を再起動する方法!リセットとの違いは?【iOS12最新版】
iPhoneを使っていると動作が遅くなったり、動きが止まったりと何かしらの不具合が生じることがあるかと思います。 そんな場合は、iPhoneの「再起動」や「リセット」を試してみましょう。 再起動とリセットは似て非なるもの...

 

 

繋がらなければ故障の可能性が…。修理へ

それでも直らなければ、端末の故障の可能性もあります。

一度、Appleサポートに問い合わせましょう。

iPhoneの問い合わせ電話番号完全まとめ【Apple・ドコモ/au/ソフトバンク】
iPhoneが故障した場合、何かわからない事があった場合など、ネットで検索して解決策を見出すかと思いますが、それでもわからない場合はどうしたらよいでしょうか? Appleや各キャリアには専用の窓口が用意されていますので、直接問い合わせ...

 

現在、AirPodsを修理できるお店は一部店舗に限られているようです。サポート電話にて症状を伝え、修理ということになると、お住いの場所から近い修理店舗を案内してくれます。

実際に出向いて、修理依頼をしましょう。

 

 

AirPodsは、iPhoneを機種変更したらどうなる?台数は何台まで?Androidは?

結論から言うと、iPhoneを機種変更しても

問題なく使えます!

 

あなたのiPhoneに繋がったAirPodsの接続を一旦切って、例えばお友達のiPhoneにも簡単に接続ができます。

ただし、一度につなげられる台数は1台まで!

同時に複数台つなげて、一緒に音楽を聞くということは出来ないわけですね。

 

さらにAirPodsは、なにもApple製品専用イヤホンというわけではありません。Bluetoothで接続するワイヤレスイヤホンですので、Androidでも問題なくつながります。

 

<iPhone人気記事TOP5>

  1. iPhoneにTwitterの動画を保存する裏ワザ!無料アプリで簡単に
  2. 今話題!iPhoneで見れるおすすめVR360°動画12選!
  3. iPhoneの画像を簡単に印刷する方法【格安】
  4. iPhoneにYouTubeなどの動画を保存する裏ワザ完全版
  5. iPhoneに動く壁紙、動くロック画面を設定する裏ワザ!

 

<今、読まれてます!>

kawamurakaisatu_tp_v 

 

 

コメント