AirPodsの名前変更の方法!名前が変わらない、違う、おかしい場合の対処方法

AirPods

※この記事は約 4 分で読めます。

 

AirPodsを購入したら、一つ不思議な事が…。

「なんか知らないけど、勝手に名前がついてる…」

 

そうなんです、AirPodsの蓋を開けるとiPhoneで充電状況がわかるようになっていますが、その時の名前を設定した覚えがないのに、決まっちゃってるんです…!

ちょうどこんな感じですね。

ここの名前をもし恥ずかしい名前にしていたとしたら…。いち早く変えたいですよね。

本日は、AirPodsの名前を変更する方法をご紹介します。

 

【AirPodsおすすめ記事一覧】

  1. AirPodsを予約なしでゲットする裏ワザ!
  2. AirPods×AppleWatch×iPhone連携が神すぎる!
  3. AirPodsを紛失した、なくしそうな時の3つの対策
  4. AirPodsの使い方!音楽や電話など完全ガイド
  5. AirPodsが接続できない時の7つの解決方法!

AirPodsの初期の名前はどうやって決まるの?

勝手に決まったと思いがちですが、実は参照している場所があります。

それが、連絡先の自分の情報の名の部分です。

 

「設定」→「連絡先」→「自分の情報」

 

ここの名前が設定されています。

 

ちなみに「自分の情報」を選択するとアドレス帳が呼び出され、選ぶことが出来ます。

予めアドレス帳に自分の情報をいれておき、設定します。

 

 

AirPodsの名前の変更方法

続いて、名前の変更方法を説明します。

 

1、AirPodsがiPhoneと接続された状態で、設定アプリを起動します。

 

 

2、「Bluetooth」を選択します。

 

 

3、AirPodsの欄の右の青いマークを選択します。

 

 

4、AirPodsの各種設定をここから行うことが出来ます。「名前」を選択します。

 

 

5、名前を変更し、最後に右下の「完了」を選択し、左上の「<」で戻ります。

 

 

6、これで変更が完了しました。

 

 

7、ホーム画面に戻り、AirPodsの蓋をあけてみるとたしかに変更されています。

 

 

 

AirPodsの蓋を開いた際、周りにいる他人のiPhoneに名前は出るの?

AirPodsとiPhoneの接続はとても簡単なので、こんな疑問が湧く方もいらっしゃるでしょう。

結論から言うと、名前は出ません!

実際に試してみましょう。

 

左がAirPodsとつないでいない他人のiPhone、右がAirPodsとつないだ自分のiPhoneです。

 

 

AirPodsの蓋をあけると両方共反応しますが、接続してない他人のiPhoneには「お使いのAirPodsではありません」という表示がされ、AirPodsの名前はでません。

もし、つなぎたい場合は「接続」を選択。

 

 

AirPods本体裏面のボタンを長押しするように案内が出ます。ですので、AirPodsさえ自分で持ってさえいれば、知らない間に他人に勝手につなげられるという事は避けれます。

さすがApple製品、よく出来ていますね!

 

<iPhone人気記事TOP6>

  1. iPhoneにTwitterの動画を保存する裏ワザ!無料アプリで簡単に
  2. iphoneでテレビを見る3つの方法!【無料視聴アプリ】
  3. 今話題!iPhoneで見れるおすすめVR360°動画12選!
  4. iPhoneの画像を簡単に印刷する方法【格安】
  5. iPhoneにYouTubeなどの動画を保存する裏ワザ完全版
  6. iPhoneに動く壁紙、動くロック画面を設定する裏ワザ!

 

 

<今、読まれてます!>

kawamurakaisatu_tp_v saya160312500i9a3721_tp_v

vr

コメント