iphoneのボイスメモを送る5つの方法。長くても取り出せる裏ワザ【iOS11最新版】

iPhone

※この記事は約 5 分で読めます。

iPhoneの便利な機能、ボイスメモ。会議の記録として、ちょっとした音声のメモとして、色々使えますよね。このボイスメモで録音した音声は、iPhone以外に送って聞く事も出来ます。ただし、長さによってはエラーが起きる場合もあるようなので、ちょっとした裏ワザが必要です。

 

本日は、iPhoneのボイスメモを他のiPhoneやパソコンに送る5つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

<今、読まれてます!>

 

ボイスメモをiPhone標準のメールで送る

s__121028615

1、ボイスメモを開きます。

 

 

s__121028611

2、送りたい録音を選択します。

 

 

s__121028612

3、上矢印マークを選択します。

 

 

s__121028613

4、「メールで送信」を選択します

 

 

s__121028614

5、メールが開き、ボイスメモが添付されています。あとは、宛先を入力して送信です。

スポンサーリンク

 

 

長いボイスメモはGmailで送る

通常メールでは、送信できる上限が決められています。なので長過ぎるボイスメモは送れない場合があります。その場合は、Gmailで送ってみましょう。

 

400x40000bb

ダウンロードはこちら

 

 

s__121028617

1、ボイスメモを送信する流れは、先ほどと一緒です。送り先を選ぶ画面でGmailを選択しましょう。

 

 

s__121028619

2、もし一覧に出てこない場合は、一番右までいき「その他」を選択します。

 

 

s__121028616

3、Gmailをオン(緑の状態)にします。

 

 

s__121028618

4、Gmailの送信画面です。宛先を入力後、右上の矢印を選択で送信となります。画像に記載の通り、最大25MBのサイズを送れます。僕のiPhoneで調べた限りでは、10分ほどのボイスメモで5MB、23分で10MB、40分で17MBほど、1時間のボイスメモは送れませんでした。

25MBとなるとだいたい50分位でしょうか。音声内容によって、だいぶ変わると思うのであくまでも参考までに。

 

 

録音したボイスメモをAirDropで取り出す

AirDropって使ってますか?意外と知らない方が多いこの機能。便利なので活用しましょう。

AirDropはiPhone同士でのデータのやり取りをWi-FiとBluetoothを使って簡単に行うものです。さらに、iPadやMacでもやり取り可能ですよ。

今回は、iPhoneで録音したボイスメモを、お友達のiPhoneに送ってみます。

 

s__121028620

1、コントロールセンターを開き、Wi-Fi、Bluetooth、AirDropをオンにします。どちらのiPhoneも行います。

関連>コントロールセンターの使い方。出ない場合の対処方法

 

 

s__121028621

2、AirDropは「すべての人」を選択します。

 

 

s__121028622

3、ボイスメモを開き、今までと同じ流れで送り先をAirDropを選択します。

 

 

「お友達のiPhone」

「お友達のiPhone」

4、するとお友達のiPhoneが反応し、、、

 

 

 

s__121028623

「お友達のiPhone」

5、ボイスメモを送る事が出来ました!

 

 

ボイスメモ、Evernoteでの取り出し方

Evernoteは、究極のメモの作成&管理アプリです。テキスト、画像、音声などありとあらゆるデータを保存する事ができます。

400x40000bb-1

ダウンロードはこちら

 

 

s__121028625

送り先をEvernoteにします。

 

 

s__121028626

簡単にEvernoteに保存できました。パソコンなどにもエバーノートが入っていれば、共有出来ますね。

 

 

ボイスメモをDropBOXに送信する

Dropboxはネット上にデータの共有スペースを作り、iPhoneやパソコンなど様々な端末でアクセスできる、という優れものです。

dropbox

ダウンロードはこちら

 

s__121028627

DropBOXへも簡単に送れます。送信先で選択します。

 

 

s__121028628

保存先を選んで、右上の保存です。

スポンサーリンク

 

トリミングしてサイズを下げるやり方

ボイスメモが長すぎて、どうしても送れない…!という方は最終手段、音声を分割して軽くしましょう。これを”トリミング”といいます。

 

s__121028629

1、ボイスメモを開き、トリミングしたい音声を選択します。今回はこの”新規登録7”という10分ほどの音声を選択します。

 

 

s__121028630

2、「編集」を選択します。

 

 

s__121028631

3、右の四角のボタンを選択します。

 

 

s__121028632

4、「トリミング」を選択します。

 

 

s__121028633

5、トリミングする範囲を調節します。下の時間がそのまま反映されます。今回は10分の音声を、前半5分、後半5分に分割してみます。範囲の選択が終えたら、トリミングを選択します。

 

 

s__121028634

6、「新規録音として保存」を選択で完了です。あとは同じ流れ後半部分もトリミングします。これで、ひとつの大きな音声が2つに分割されましたので、容量も半分です。

スポンサーリンク

 

<iPhone人気記事ランキングTOP5>

  1. iphoneでTVを見る3つの方法【無料視聴】
  2. 速度制限はいつまで?節約対策7つ
  3. iPhoneの電池節約のため対策Best19
  4. iPhoneで動画を保存して圏外で見る方法
  5. iPhoneの思い遅いを解消する方法

<今、読まれてます!>

kawamurakaisatu_tp_v 

 

コメント