iPhoneはウイルスチェックできるの?具体的な症状や感染しないための対策

⌚この記事は約 4 分で読めます。

普段お使いのiPhoneには、一昔前では考えられない量の膨大な個人情報がつまっています。これがもしウイルスに感染して、流出してしまったらと考えるとゾッとしますね…。

iPhoneはかなり高いセキュリティレベルで保護されているので、ウイルス感染する可能性はないとされていますが、本当に安全なのでしょうか?

本日は、iPhoneのウイルスチェックの方法、感染しないための対策をお伝えします。

ウイルスに検出されました!?ウイルス警告のポップがでた場合

サイトを閲覧していると、下記のようなページが表示される事があります。

 

 

「ウイルス警告!iPhoneがウイルスに感染している可能性があります!OKをボタンをクリックして今すぐ携帯をスキャンして下さい」

「警告!AppleiPhone上でウイルスが検出されました。OKを押してスキャン」

 

こんなポップが表示されると「やばい…!ウイルスだ」と焦ってしまうと思いますが、結論から言うと無視して大丈夫です。

 

これは、この段階では特にウイルス等には感染しておらず、焦って「OK」を押した先に怪しいページが用意され、不要なアプリをダウンロードさせられたり、無駄な広告を押させられたりします。

なので、こういった画面が表示されたら落ち着いて、無視しましょう!

 

 

ウイルスに感染しないために心がけたい6つの事

OSを常に最新にする

iPhoneのOSを、常に最新にしておくことはとても重要です。ウイルスも常に進化していますが、そういった脅威に対してAppleも対策を行っています。

OSを最新にすると様々な機能が追加されますが、同時に最新のウイルスもブロックするための機能も備わっているというわけです。

アップデートの方法は以下からどうぞ。

関連>iPhoneをパソコン無しでアップデートする方法

 

また、アプリもOS同様に常に最新にしておきましょう!

 

 

怪しいサイトは見ない

これは当然ですが、運営元が怪しいサイト、不明なサイトなどは閲覧しないようにしましょう。

Safariでも、怪しいサイトに対して警告を出す機能も備わっています。上記のような表記がされたら、アクセスしないようにします。

 

怪しいメールは開かない

発信元が不明なメール、怪しいメールは開かないように心がけましょう。

 

iPhoneのメールは、標準でウイルスチェックをする機能が備わっています。ウイルスが見つかった場合は除去して受信してくれますし、送信時にウイルスが含まれていると、そもそも送れない仕組みになっています。

 

ですが、ウイルスは常に進化しています。iPhoneのチェックをくぐり抜ける可能性も0ではありません。

メールからのウイルス感染の可能性は低いとは思いますが、不用意にメールを開かないように常日頃から気をつけるべきです。

 

怪しいWi-Fiには繋がない

Wi-Fiを通じて、ウイルスが送り込まれる可能性も0ではありません。

 

自分のポケットWi-Fi、学校や職場などの信頼のおけるWi-Fiなら問題ありませんが、身元が不明なWi-Fiには気をつけましょう。

また、Wi-Fiの名前が正しいものになっていても注意が必要です。Wi-Fiの名前は割と簡単に編集ができますので、それっぽい名前にしてつなげさせようとしている場合もあるからです。

 

上記画像のように鍵マークがないWi-Fiにも気をつけましょう。名前を偽りパスワードなしで繋げやすくし、ウイルスを送り込もうとしているかもしれません。

関連>街中の無料Wi-Fiスポット36選【2018年最新版】

 

 

App Store以外からアプリをダウンロードしない

アプリのダウンロードは、基本的にApp Storeから行います。

しかし、ネット上からファイルをダウンロードし、iPhoneにいれることも可能です。そういったアプリにウイルスが仕込まれている可能性もあります。

 

App Storeでアプリを売り出すためには、厳しい審査とある程度の費用が必要です。なので、信頼のおけるアプリばかりになるんですね。

 

App Store以外からのアプリダウンロードは絶対にやめましょう。

 

 

脱獄しない

脱獄、別名ジェイルブレイクをするとセキュリティのリスクが高まります。

iPhoneはそのままでセキュリティレベルが高い状態で保たれていますが、脱獄するとその機能を失ってしまう可能性もあります。

保証も効かなくなりますので、おすすめしません。

 

 

ウイルスチェックアプリ「ウイルスバスターモバイル」

ウイルスチェック専用のアプリがあります。パソコンでも有名な、ウイルスバスターです。

ウイルスバスターモバイルのダウンロードはこちら

 

iPhoneは標準でセキュリティレベルが高いので、このアプリはiPhone内部へシステム的に介入することはありません。

 

 

しかし、怪しいWebサイトのチェックや、SNSでのセキュリティチェックなどの機能がありますので、ダウンロードしておいて損はないでしょう。

 

 

iPhoneの動きが重い…。まさかウイルス!?

iPhoneはを利用していると、動きが遅くなったり、反応が鈍くなったりすることがあります。

すると、「もしかしてウイルスが入ってしまったんじゃ…」と心配になるかもしれません。

しかし、実際はウイルスが入っているのではなく、iPhoneの設定を変える事により、改善することも多いです。

以下のような対策をしてみて、解決するかどうか試してみましょう。

関連>iPhoneが重い、遅い場合の解決方法

関連>タッチパネルが反応しない時の改善方法

 

 

<iPhone人気記事TOP6>

  1. iPhoneにTwitterの動画を保存する裏ワザ!無料アプリで簡単に
  2. iphoneでテレビを見る3つの方法!【無料視聴アプリ】
  3. 今話題!iPhoneで見れるおすすめVR360°動画12選!
  4. iPhoneの画像を簡単に印刷する方法【格安】
  5. iPhoneにYouTubeなどの動画を保存する裏ワザ完全版
  6. iPhoneに動く壁紙、動くロック画面を設定する裏ワザ!

<今、読まれてます!>

kawamurakaisatu_tp_v saya160312500i9a3721_tp_v

vr

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました