【知らなきゃマズイ】iPhoneケーブルをバネで補強する方法

iPhone_bane11

⌚この記事は約 3 分で読めます。

こんにちわ!エノッピです。

みなさん充電してますか?毎日してますよね 笑 そんな毎日使う、iPhoneのLightning(ライトニング)ケーブル、ぶっちゃけほつれやすくないですか?

 

iPhone_bane

僕のケーブルは使って数ヶ月でこんな感じになってしまいました…。不格好ながらもはじめはこれでも充電ができてはいたのですが、だんだんと接触も悪くなり、ついには…泣

もうちょっと丈夫であればいいのですが。純正のケーブルはなかなか高いですし、格安ケーブルは充電できなかったりしますしね…

そこで今日は、身近にあるもので簡単にケーブルを丈夫にする方法をお伝えしましょう!

<今、読まれてます!>

 

twitterで話題。バネを使ってiPhoneケーブルを増強する!?

twitterにて「iPhone ケーブル バネ」で検索してみると、、、

このようにたくさんの方が、ボールペンのバネを使って補強しています!

身近なボールペンのバネを使ってできるという手軽さが受けているようですね。

それではやり方をご紹介しましょう。

 

ボールペンのバネを使いLightningケーブルを断線しにくくする方法。

iPhone_bane2

まずは、ボールペンを用意します。100円ショップなどで売っている普通のペンで大丈夫です。ただし、ノック式のものを選ぶようにしましょう。今回の主役のバネを使うためです。

 

 

iPhone_bane3

先端を外し、、、

 

 

iPhone_bane4

バネだけを取り出します。

 

 

iPhone_bane5

今回は、ライトニングケーブルの両端につけるために2つ用意しました。

 

 

iPhone_bane6

それでは取り付けていきましょう。

写真のように、バネの先端部分をちょっと曲げるとつけやすくなります。手で曲げづらい場合は、ハサミや爪切りなどでつかむと曲げやすくなります。

 

 

iPhone_bane7

そして、どんどん入れ込んでいきます。バネは螺旋状になっていますのでその回転にあわせて、くるくると回しながら押すことによりどんどん入っていきます。

 

 

iPhone_bane8

もう出来ました!簡単ですよね 笑 バネが長すぎる場合は、爪切りなどでカットしても大丈夫です。

 

 

iPhone_bane9

iPhoneに指す、反対側はこちら。 バネをカットした場合、端っこが鋭利になっていることもあるので気をつけましょう。丸くカーブしているので、中に押し込み、外に出ないようにしておいたほうが良いです。

 

 

iPhone_bane10

完成!なるほど、たしかに強度が増して断線を防ぎやすくなっている気がします。使用してまだ数日ですが、バネ部分でカバーされているのでほつれることはなさそうです。

 

どんな家庭にもあるボールペンで、iPhoneケーブルがこんなにも簡単に増強できてしまうんですね。

バネの大きさ、長さもペンによって様々ですので、お使いのケーブルに合わせてチョイスするとさらに良いかと思います。

 

<今、読まれてます!>

kawamurakaisatu_tp_v 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました