動画の変換が簡単にできるMacX Video Converter Proを徹底解説!できることや特徴の総まとめ

⌚この記事は約 4 分で読めます。

「動画を違う形式に変換したい」
「でも安いものは思い通りに変換できないし使いにくい」

そうお困りではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、MacX Video Converter Proです。

MacX Video Converter Proは、動画変換や動画編集を簡単にできるソフトで、動画編集をしたことがないような人でも簡単に操作できます。

この記事では、MacX Video Converter Proとは何か、他のソフトと比べた時の特徴について詳しく解説します。

 

MacX Video Converter Proとは

「MacX Video Converter Proって何ができるかいまひとつよくわからない」
そんな方も多いと思います。

MacX Video Converter Proは、Macで動画に関わる様々なことを簡単にできるアプリです。

具体的には以下の機能があります。

  • 動画変換
  • オンライン動画ダウンロード
  • 動画編集
  • Macの画面録画

これらの機能があるだけではなく、インターフェースも使いやすくほぼ直感的な操作も可能です。

これらの機能を持ち、比較的安価な値段で利用できるのは魅力的だと言えるでしょう。

このソフト一つあれば、ネット動画の保存や、ゲーム動画の配信などが簡単に実行できますよ。

 

動画変換

MacX Video Converter Proは、動画変換を行えるソフトです。

iPhoneやアンドロイドで再生できる形式に変換できるのはもちろん、140種類もの形式に対応しています。

中にはMacX Video Converter Proでないと変換できない形式も。

また変換スピードも早く、他のソフトより高速で変換できるため、使い勝手も抜群です。

 

オンライン動画ダウンロード

MacX Video Converter Proではオンライン動画のダウンロードも簡単にできます。

YouTubeやニコニコ動画はもちろん他の多くの動画サイトのダウンロードが可能です。

著作権のあるものの場合、著作権違反にならないよう取り扱いには注意してください。

 

動画編集

MacX Video Converter Proでは動画編集も簡単にできます。

Macの初心者でも使いやすいインターフェースをしているため、動画編集を初めてするような人でも、その使い方を覚えるのはそれほど難しくありません。

画面録画もでき、編集もできますので、このソフト一つあれば、YouTubeの動画配信なども簡単ですよ。

 

Macの画面録画

MacX Video Converter Proを使えば、Macの画面録画やカメラを使った録画も簡単にできます。

使い方も簡単で、パソコン画面の中から、録画範囲を設定し、録画ボタンを押すだけ。

ゲーム実況などに利用するのも便利です。

 

MacX Video Converter Proの特徴

「MacX Video Converter Proと他の動画編集ソフトの違いがわからない」
そんな方もいるかと思います。

MacX Video Converter Proには、他の動画変換ソフトにはない以下の特徴があります。

  1. ほとんどのファイル形式に変換可能
  2. 幅広い動画サイトからワンクリックでダウンロード可能
  3. スライドショーの作成も可能
  4. 4K動画も対応可能
  5. Level-3のハードウェアアクセラレーション技術(独自機能)での高速変換

ではこれらの特徴について次で詳しく解説します。

 

ほとんどのファイル形式に変換可能

MacX Video Converter Proの特徴はほとんどのファイル形式に対応していることです。

iPhoneやiPadはもちろんアンドロイドなどにも対応できる、140の動画形式と、14の音声形式に変換できます。

動画形式で変換可能なものの例としては以下のものがあります。

  • MP4
  • MOV
  • HEVC
  • MPEG4
  • AVI
  • WMV

また変換可能な音楽ファイルには以下のものがあります。

  • MP3
  • AAC
  • AC3
  • FLAC

上記のように幅広い動画ファイルに対応していることが特徴です。

 

幅広い動画サイトからワンクリックでダウンロード可能

MacX Video Converter Proは幅広い動画サイトから、ワンクリックで保存できることが特徴です。

対応している動画サイトの例としては

  • YouTube
  • GYAO
  • ニコニコ動画
  • ひまわり
  • Vimeo
  • FC2

これらの機能を使ってダウンロードしたファイルは、上記で紹介した機能で様々な形式に変換できるため、スマホなどで持ち運ぶのも容易になります。

 

スライドショーの作成も可能

MacX Video Converter Proを使えば、写真を使って、スライドショーの作成も簡単です。

作成したファイルは、ほとんどどのデバイスでも再生できるよう変換できますので、作成したものを流せないという心配もありません。

YouTubeやfacebookなどにアップロードすることも簡単です。

 

4K動画も対応可能

MacX Video Converter Proの特徴は4K動画にも対応していることです。

4K動画は解像度が非常に高く、高画質なことが特徴ですが、これに対応している動画変換ソフトは実はそれほど多くありません。

MacX Video Converter Proであれば、4Kの動画も解像度やファイル形式を自由に変更しながら保管できます。

 

Level-3のハードウェアアクセラレーション技術(独自機能)での高速変換

MacX Video Converter Proの特徴は、動画変換速度の速さです。

Level-3のハードウェアアクセラレーション技術(独自機能)を搭載しており、出力している動画のノイズを減らし、処理機能を高めています。

そのため、他の動画変換ソフトと比べて、5倍の速度で高速変換できます。

 

試用版と有料版の違い

MacX Video Converter Proには試用版と有料版の二つに分かれています。

試用版と有料版の違いは5分間しか変換できないことです。

5分間分しか変換できないため、動画変換の品質やどの程度編集できるのかは確認するくらいしかできません。

本格的に動画変換をしたいのであれば、有料版へのアップグレードはほぼ必須条件だと言えます。

ライセンスコードを入力し、有料版へのアップロードを行いましょう。

 

MacX Video Converter Proをインストールするには?

「MacX Video Converter Proのインストール手順がわからない」

ここではそんな方に向けてMacX Video Converter Proをインストールする手順について説明します。

1、MacX Video Converter Proの公式ホームページにアクセスし、緑色の「製品版無料ゲット」をクリックし、ダウンロードしましょう。

有償版にアップグレードする場合でも、まずはこちらをダウンロードします。

2、ダウンロードしたファイルを開くと、このような画面が表示されますので、ドラッグ&ドロップで移動します。

3、これでMacX Video Converter Proを立ち上げると、試用版から有償版にアップグレードする趣旨の画面が表示されます。

4、画面真ん中あたりにある「購入」ボタンからライセンスコードを入手しましょう。

入手したら、メールアドレスとライセンスコードを入力する画面が表示されますので、そちらを入力します。

5、無事登録が完了すれば、「レジスタが成功しました」と表示されます。

これで有償版へのアップグレード完了です。

 

MacX Video Converter Proで動画をもっと楽しもう

この記事ではMacX Video Converter Proとは何か、その特徴や使い方について詳しく解説しました。

MacX Video Converter Proは動画変換、オンライン動画ダウンロード、動画、動画編集、Macの画面録画など動画にまつわる様々な機能と、その使いやすさから多くの人に利用されています。

この記事を参考にぜひMacX Video Converter Proの利用を検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました